輸入住宅や注文住宅を建てるのは土地探しから

PR|職人の技術で欧風住宅をつくる|

注文住宅の購入を決めてからまず土地探しを始めました。建売や条件付き土地と違い、輸入住宅や注文住宅では、土地を探さなければ話が進みません。自分たち夫婦は住みたい地域が決まっていたので、その地域で土地を探しました。しかし土地探しはなかなか難しかったです。インターネットで主に探していたのですが、家を建てるための土地しか販売されているわけではなく、条件が厳しい土地が多かったのです。農地用の土地や業者用の土地も販売されており、それはインターネット上では判別がつかない物も多くあり困難を極めました。そこで不動産会社に行って話を聞く方法に変えました。

自分たちが住みたい地域にある不動産会社で情報を仕入れながら、いいなと思う土地があれば直接見に行く事を続けました。情報で聞くのと直接見るのでは全然違う土地も多くありました。そして不動産会社から仕入れた情報で見に行った土地で、いいなと思える土地を見つけました。そこは住宅を建てる会社も指定していなかったので、好きな会社で建てる事ができる土地でした。輸入住宅や注文住宅を建てる際には、この「業者指定無し」というのがとても大切です。土地を販売している相手とも何度も話し合いをして、その土地を購入する事に決めました。土地を決めるまでに3か月かかりました。

土地を決めてからは次はどの会社に頼んで家を作ってもらうか考えました。業者指定無しなので、輸入住宅の業者も自由に選べます。色々なハウスメーカーを回りました。あまり高額な家にするつもりがなかったので、できるだけ安く建ててくれる会社を探しました。しかし安すぎるのも不安があります。そのためインターネットの口コミサイトを何回も見ました。最終的にローコストのハウスメーカーに決めたのですが、不安もあったので別に一級建築士を頼んで建てている時に検査をしてもらう事にしました。建築士の方は輸入住宅などの時だけしか頼めないと思っている人も多いかもしれませんが輸入住宅以外に建売でもお願いすることは可能です。余分にお金はかかる事になりましたが、不良住宅を建てられるリスクを少しでも減らしたかったのです。ハウスメーカーには建築士を雇った事を教えて、建てている時に検査を入れる事も言いました。そうする事で大工さんたちに、最初からきちんと仕事をしてもらえると考えました。自分たちが家を建てている最中に直接見に行く時間も減らす事ができました。

PR|クレジットカードの即日発行じゃけん|ショッピングカート|健康マニアによる無病ライフ|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|家計見直しクラブ|サプリメント|お家の見直ししま専科|心の童話|お小遣いNET|GetMoney|初値予想|生命保険の口コミ.COM|貯蓄|住宅リフォーム総合情報|