注文住宅の間取りの決め方で考えたこと

家族で安心して生活をするためには建売住宅では物足りないと感じ、話し合って快適に住みやすい注文住宅を選ぶことにしました。間取りは家族が4人のため個室を4部屋と共用する部屋を3つにすることを考え、確保できた面積を踏まえて段取りを決めたものです。デザインは北米風にすると今風の居住空間になり、テンションが上がるために選びました。

注文住宅はデザイナーに依頼するとそれなりに費用がかかるため、自社設計であることを確かめて決めることにしました。住宅物件は様々な項目でお金がかかっているため、選び間違えないようにすることが大事です。間取りはうまく配分をしないと生活が不自由になるため、モデルルームで使用する素材の特徴などを観察してから選ぶことにしました。

注文住宅の間取りは風呂やトイレ、キッチンなどの共用するものや、子供部屋など個室のバランスをどのようにするか悪戦苦闘しました。広さは家具が置けるようにしないと不便になるため、配慮して決めることを考えたものです。